Menu

教育方針

Home

教育方針

教育理念

誠実な人づくり
根っこの教育

教育目標

明るく健康な子ども
よく考える子ども
がまん強い子ども
友達と仲よく遊べる子ども
きまりを守る子ども

教育方針

心の通い合う教育

幼稚園は幼児にとって、人生最初の教育の場です。
どんな先生や友達と出会うのか、どんな環境と出会うのかが人間形成の鍵となります。本園では幼児の夢を無限に広げながら、心の通い合う教育をめざしています。

豊かな心を育てる

幼児期は根っこの育つ時期です。
目に見えない心の教育こそ感性や品性を育てます。良い環境の中で、美しいものを美しいと思う心、 良いことを良いと思う情操や価値観を育てます。ミュージックステップ(音感教育)『公式サイトはこちら』・石井方式言語教育『公式サイトはこちら』(美しい言葉の教育)・道徳教育・森信三立腰教育を取り入れています。

たくましい心身を育てる

よく遊ぶ子はよく育ちます。よく育つ子は、よく遊びます。
体操教室、芝生でのサッカー遊び、ひまわり広場でのドッジボール遊びなど、子どもらしく生き生きと、伸び伸びと遊び、体験を通して、自ら生きるたくましい心身を育て、協調性や生きる力を養います。

共に育ちあう子供

幼児は先生や友達と関わる事によって、互いに育ちあいます。
イメージを出し合い、目的をもって遊ぶことにより、相手を知り、 自己を知り、人を尊重する心、自己コントロールの力を育てます。縦割り保育を取り入れ、異年齢児との関わりを大切にします。

生活を創造する

幼児はさまざまな方法で自己を表現し、充実感を味わいます。
特に、歌うこと、体を動かすこと、描くこと、作ることを通して、自らの生活を楽しく創り出していきます。その過程で生活の知恵や創造性芸術性の芽生えを育てます。

自然に触れて遊ぶ

園外保育を多く取り入れ、豊かな自然に触れ、生命の大切さ自然の偉大さを学びます。
「子ども赤十字」に加盟し、「気付き」「考え」「実行できる」保育をいたします。年長児は自然豊かな八ヶ岳方面へ1泊2日のお泊り会があります。運動場の芝生広場では、裸足になったり、転がったり走ったり、身体いっぱいで戯れ楽しく遊びます。緑いっぱいの中、ふわふわ感など芝生ならではの感触を味わいながら遊びます。園の畑でじゃがいも・さつまいもを収穫します。

ページトップへ